新型コロナワクチンの有効性・安全性について

新型コロナワクチンの有効性・安全性に関しては,厚生労働省が管轄して情報を発信しております。

〇ワクチンごとの情報

【薬事承認され,予防接種法に基づいて接種できるワクチン】

・ファイザー社の新型コロナワクチン

・武田/モデルナ社の新型コロナワクチン

【薬事承認されたワクチン】

・アストラゼネカ社の新型コロナワクチン

【薬事承認申請されたワクチン】

・ジョンソン・エンド・ジョンソン社(ヤンセンファーマ社)の新型コロナワクチン

〇安全性の評価について

【接種開始後の安全性の評価】

国では,国内での接種開始後には,次のような方法で安全性についての情報を収集し,速やかに国民の皆さまに提供することになっています。

・接種を受けた者への健康調査

・副反応疑い報告と審議会での評価

・予防接種後健康状況調査

【臨床試験での安全性の評価】

ワクチンの開発に当たって,国内外での臨床試験で接種後に生じた様々な事象(症状,疾病等)の件数や頻度は,薬事審査の際に審査され,添付文書等に記載されます。

〇有効性の評価について

【臨床試験での有効性の評価】

ワクチンの効果は,健康な方や患者の方に協力してもらい,実際に人にワクチンを投与する臨床試験で確認します。

詳しくは厚生労働省のページを御確認ください。

副反応等について

 現在,日本で接種が進められている新型コロナワクチンでは,接種後に注射した部分の痛み,疲労,頭痛,筋肉や関節の痛み,寒気,下痢,発熱等がみられることがあります。
 こうした症状の大部分は,接種後数日以内に回復しています。
 しかし,稀な頻度でアナフィラキシー(急性のアレルギー反応)が発生します。

コミナティ®(ファイザー社)添付文書から改編

その他のワクチン(アストラゼネカ社,ノババックス社が開発中のワクチン等)でもワクチン接種後に,ワクチン接種と因果関係がないものも含めて,接種部位の痛みや,頭痛・倦怠感・筋肉痛等の症状がみられたことが論文等で報告されています。

また,稀な頻度でアナフィラキシー(急性のアレルギー反応)が発生したことが報告されています。

もし,アナフィラキシーが起きたときには,接種会場や医療機関ですぐに治療を行うことになります。

厚生労働省のQ&Aには,その他にも副反応についての考え方が掲載されておりますので御確認ください。