「新型コロナウイルス感染症予防接種証明書」について

「新型コロナウイルス感染症予防接種証明書」とは、予防接種法に基づいて各市区町村で実施された新型コロナワクチン接種の事実を公的に証明するものとして、被接種者からの申請に基づき交付するものです。

【接種証明書(書面版)発行に関する注意事項】

  • ワクチンを接種された日に住民票のあった自治体が申請先となります。
  • 申請受理から交付(窓口でのお渡し)又は発送まで、書類の訂正期間等を除き、概ね2週間程度(年末年始を除く)要します。
  • 申請受理したものから順次対応します。
  • 申請受理数が多い時期は交付まで時間をいただくことがありますので、日程には余裕をもって申請いただきますようお願いします。
  • 申請書類に不備がある場合は、いかなる場合であっても発行できませんので御注意ください。

「接種証明書」には、「日本国内用」と「海外用及び日本国内用(以下「海外用」という。)」の2種類あります。

【アプリでの接種証明書の発行について(書面版もアプリで発行可能です!)】

マイナンバーカードをお持ちの方は、お手元のスマートフォンで、接種証明書をすぐに取得できます。また、スマートフォンに表示された接種証明書の画像を、お持ちのプリンター等で印刷することで、書面による接種証明書もすぐに取得できるようになっています。是非御活用ください!

【「画像保存機能」の利用手順】

  • バージョン1.4.0以降のアプリをインストール又はアップデート
  • インストール又はアップデート後に、接種証明書を発行(日本国内用であれば、下記の1(2)~(7)・海外用であれば、下記の2(2)~(8)の手順を実施)
  • 既に発行済であっても、再度発行していただく必要がありますので御注意ください。
  • 接種証明書の「詳細を表示」をタップ
  • 「この証明書を画像として保存」をタップ
  • 「画像として保存」をタップ

【電子版の交付申請方法】

交付申請方法に関する詳細はデジタル庁のホームぺージを御確認ください。

アプリのインストール方法

App StoreまたはGoogle Playで「接種証明書アプリ」と検索して、インストールできます。

接種証明書アプリ(App Store)
App Store
https://apps.apple.com/jp/app/id1593815264
接種証明書アプリ(Google Play)
Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.go.digital.vrs.vpa

ワクチン接種証明書アプリFAQ

  • 日本国内での接種事実の証明には、接種証明書を新たに取得していただかなくても、接種時にお渡ししている「予防接種済証」又は「接種記録書」等を引き続き御利用いただけます。
  • 「海外用」の申請には、旅券(パスポート)等が必要です。
  • 国外で接種を受けた方や、日本の予防接種法に基づかない接種に係る証明書の発行はできません。
  • 外務省が実施している海外在留邦人等の一時帰国者を対象とした事業で接種を受けた方の証明書については、外務省までお問合せください。

交付申請できる方

新型コロナワクチン接種時に本市に住民票があった方であって、当証明書を必要とされる方

交付手数料

無料

交付申請の方法

「接種証明書」には「電子版」と「書面版」があり、それぞれ交付申請の方法が異なります。

電子版は、マイナンバーカードとスマートフォン(iOS13.7以降もしくはAndroidOS8.0以降、マイナンバーカードが読み取れる(NFC Type B対応)端末)をお持ちの方のみ交付が可能です(パソコン、タブレットからは御利用いただけません。)。スマートフォンやマイナンバーカードをお持ちでない方は、書面版の接種証明書の交付を申請してください。

なお、電子版は適切に交付申請が受け付けられた場合は、即日での電子交付が可能で郵送料もかかりませんので、電子版の交付申請が可能な方は、ぜひ電子版を御活用ください。

  • マイナンバーカードは、申請から交付通知書を送付するまでに少なくとも1〜2箇月(更に期間を要する可能性があります)かかります。お早めに申請・受け取りいただくようお願いします(申請等に関する詳細情報はこちら)。

【電子版の交付申請方法】

交付申請方法に関する詳細はデジタル庁のホームぺージを御確認ください。

(参考)新型コロナワクチン接種証明書アプリ
接種証明書アプリのアイコン
アプリのインストール方法

App StoreまたはGoogle Playで「接種証明書アプリ」と検索して、インストールできます。

接種証明書アプリ(App Store)
App Store
https://apps.apple.com/jp/app/id1593815264
接種証明書アプリ(Google Play)
Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.go.digital.vrs.vpa

ワクチン接種証明書アプリFAQ

1.電子版「日本国内用」の交付申請方法
  1. スマートフォンで接種証明書アプリをインストール(アプリは「App Store」または「Google Play」で「接種証明書」と検索して、インストールできます。)
  2. 「日本国内用」を選択
  3. マイナンバーカードの券面事項入力補助用暗証番号※1を入力(3回連続で間違えるとロックされるので御注意ください。)
  4. スマートフォンにマイナンバーカードを密着させて読み取る(機種によって密着させる場所が違うので、御注意ください。)
  5. 接種時に住民票がある市区町村を選択してください(接種の間に転居された場合など、1回目接種時と2回目接種時で住民票がある市区町村が異なる場合は、それぞれの市区町村ごとに交付申請処理してください。)。
  6. 内容が正しいか、記録を御確認ください。実際の接種と内容が異なる場合は、接種時に住民票がある市区町村へお問合せください。京都市の場合は、京都市新型コロナワクチン接種コールセンター(電話番号等はこちら)までお問合せください。
  7. 接種証明書アプリ上で接種証明書を交付
2.電子版「海外用」の交付申請方法
  1. スマートフォンで接種証明書アプリをインストールします(アプリは「App Store」または「Google Play」で「接種証明書」と検索して、インストールできます。)。
  2. 「海外用」を選択
  3. マイナンバーカードの券面事項入力補助用暗証番号※1を入力(3回連続で間違えるとロックされるので御注意ください。)
  4. スマートフォンにマイナンバーカードを密着させて読み取る(機種によって密着させる場所が違うので、御注意ください。)
  5. パスポートのMRZ※2を読み取る
  6. 接種時に住民票がある市区町村を選択してください(接種の間に転居された場合など、1回目接種時と2回目接種時で住民票がある市区町村が異なる場合は、それぞれの市区町村ごとに交付申請処理してください)。
  7. 内容が正しいか、記録を御確認ください。実際の接種と内容が異なる場合は、接種時に住民票がある市区町村へお問合せください。京都市の場合は、京都市新型コロナワクチン接種コールセンター(電話番号等はこちら)までお問合せください。
  8. 接種証明書アプリ上で接種証明書を交付
  1. マイナンバーカードを市区町村の窓口で受け取った際に設定した、4桁の数字
  2. パスポートのMRZ
MRZ
3.電子版の交付申請に関する注意事項
  1. 以下の方はマイナンバーカードとスマートフォンをお持ちであっても、電子版の交付を受けることができません。書面版の接種証明書を交付申請してください(書面版の申請方法はこちら)。
    • DV被害者等の要配慮者
    • 接種記録がVRSに未登録の人
    • 旅券以外の渡航文書で申請する人
    • その他、エラーメッセージが表示される人
  2. 接種証明書で表示される氏名の漢字は、マイナンバーカードに登録されている漢字が表示されます。ただし、住民票の記載に電子証明書で利用できない漢字が使われている場合、マイナンバーカードのお受け取り時に御確認いただいた代替文字に変更されることがあります。

【書面版の交付申請方法】

原則、郵送で申請を受け付けます。申請受理から交付(窓口でのお渡し)又は発送まで、書類の訂正期間等を除き、概ね2週間程度(年末年始を除く)要します。即日交付はできませんので御注意ください。

「日本国内用」と「海外用」で、交付申請に必要な書類が異なります。以下「1 交付申請に必要な書類(こちら)」を御確認いただき、必要な書類を全て準備いただいたうえで、下記「2 交付申請先」まで郵送してください。

書類に不備がある場合は、いかなる場合であっても発行することができませんので御注意ください。

郵送での申請が難しい場合は、京都市新型コロナワクチン接種コールセンターの相談窓口まで交付申請に必要な書類を持参してください(受付時間は午前9時から午後5時まで)。なお、相談窓口まで必要な書類を持参される場合は電話での予約制となりますので、事前に京都市新型コロナワクチン接種コールセンター(電話番号等はこちら)まで御連絡ください。

1.交付申請に必要な書類

交付申請に必要な書類については、有効期間中のもの、あるいは申請する日の3箇月前までに発行されたものを提出してください。

  • 「日本国内用」は、以下の(1)の書類が必要です。
  • 「海外用」は、以下の(1)と(2)の書類が必要です。
「日本国内用」、「海外用」共通で必要な書類
  1. 新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書(様式は(こちら)/記入例はこちら(日本語)、(英語))
  2. 接種済証又は接種記録書の写し(該当部分のイメージはこちら
    紛失するなど、提出できない場合は提出不要です。ただし、提出がない場合は交付まで最大で2箇月から3箇月程度かかることがあります。
  3. 住所・氏名・生年月日の記載された本人確認書類(運転免許証・健康保険証等)の写し(住民票、戸籍抄本・謄本は不可)
  4. 接種証明書送付先(※1)を記載した返信用封筒(切手を貼付(※2))
    1. 原則、本人又は代理人の住民票所在地に送付します。
    2. 接種証明書はA4用紙1枚です。返信用封筒の大きさに合わせて、折って封入します。貼付する切手の金額は返信用封筒の大きさ等により異なります(例:長3封筒の場合は84円切手を貼付)。速達、書留、特定記録郵便等での返送を希望される方は、必要な金額分の切手を返信用封筒に貼り付けるとともに、速達等の際に記入が必要な事項をあらかじめ記載してください。
【場合によって必要となる書類】
  1. 代理人の方が交付申請する場合(交付申請をする方が証明を必要とする方と異なる場合)
    本人の自署による委任状(※3)(様式は(こちら)/記入例はこちら(日本語)、(英語))
    1. 委任状には代理人の方の本人確認書類(氏名及び住所が記載されているもの(運転免許証・健康保険証等の写し等))を添付してください。住民票、戸籍抄本・謄本は不可です。
  2. 本人又は代理人の住民票所在地以外へ当証明書の送付を希望される場合
    送付先が本人又は代理人の居所であることが確認できる書類
    (例)賃貸契約書、公共料金の請求書等、いずれも本人又は代理人が相手方となっているもの。
    本人又は代理人が所属する会社に送付する場合は、本店の登記事項証明書に加え、本人又は代理人が法人関係者であることがわかる書類(社員証、在職証明書等)
「海外用」交付申請時に必要な書類((1)の書類に加えて必要な書類)
  1. 旅券(パスポート)の写し(旅券番号やローマ字氏名等ページ全体が鮮明に確認できるようコピーされたもの※4)
    なお、旅券に代わるものとして、難民旅行証明書、レッセ・パッセ(国連又はEUが発行したもののみ)、渡航先国発行の渡航文書、再入国許可書を提出していただくこともできます。
    1. 当証明書には旅券番号を記載します。旅券の残りの有効期間に御注意ください。
【場合によって必要となる書類】
  1. 旅券に旧姓・別姓・別名(英字)の記載がある、または申請書類に記載されている氏名が通称名など旅券と異なる表記の場合
    旧姓・別姓・別名(英字)、または申請書類に記載されている氏名と旅券の氏名の一致が確認できる本人確認書類(運転免許証、戸籍、住民票等)の写し

当ポータルサイトから新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書・委任状の様式を入手できない方は、京都市新型コロナワクチン接種コールセンター(電話番号等はこちら)まで御連絡ください。

結婚により接種時と氏名が異なる場合など、状況に応じて、上記に加え、書類の提出を求めることがあります。

2.交付申請先

〒600-8006
京都市新型コロナワクチン接種コールセンター
京都市下京区四条通柳馬場西入立売中之町99 四条SETビル8F 接種証明書担当

3.書面版の交付申請に関する注意事項
  1. 接種の間に転居された場合など、1回目接種時と2回目接種時で住民票がある市区町村が異なる場合はそれぞれの市区町村へ交付申請してください。
    (例)1回目の接種時に京都市に住民票があり、その後、宇治市に転居し、2回目の接種を受けた場合、1回目分の証明書の交付申請は京都市に、2回目分の証明書の交付申請は宇治市に行ってください。
  2. 接種記録の確認ができない場合、接種証明書の発行ができない場合があります。
  3. 交付申請に不備、疑義等があった場合は、交付申請された方へ連絡をすることがありますので、交付申請書に必ず連絡先(普段利用する携帯電話番号等)を記載してください。
  4. 氏名に印字できない漢字が含まれている場合は、代用の漢字に置き換えて発行しますので、あらかじめ御了承ください。(以下、例)
  5. 外字

ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者の方で、代理人による「新型コロナウイルス感染症予防接種証明書」の交付申請等の受付を希望されない方へ

申立書を提出いただくことで、代理人の方からの交付申請を受け付けない(本人の方からの交付申請のみ受け付ける)ようにします。

希望される方は、以下、「1 申立書」から申立書をダウンロードのうえ必要事項を記入し、「2 添付書類」を添えて、「3 提出先」まで提出してください。

1.申立書

こちらからダウンロードできます。

  • 申立者(本人)の氏名欄は、自署してください。
  • 疑義等があった場合は、京都市から連絡をすることがありますので、申立書に必ず連絡先(普段利用する携帯電話番号等)を記入してください。

2.添付書類

本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード等)の写し
※住民票、戸籍謄本・抄本は不可

3.提出先(原則、郵送提出)

  • こちらは「新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書」の提出先ではありません。ご注意ください。

〒604-8571
京都市中京区寺町通御池上る上本能寺前町488
京都市 保健福祉局 医療衛生推進室 医療衛生企画課 新型コロナワクチン予防接種事業(証明書発行担当)

【コンビニ交付について】

詳細については、こちらを御確認ください。

接種証明書に関するお問合せ先

京都市新型コロナワクチン接種コールセンター(電話番号等はこちら