「新型コロナウイルス感染症予防接種証明書」について

令和3年7月26日(月)から、海外渡航のために新型コロナワクチンの接種を受けたことを証明する「新型コロナウイルス感染症予防接種証明書」の交付申請の受付を開始します。

対象となる方

本市が発行した接種券を用いて新型コロナワクチン接種を受けた方であって、海外渡航のために当証明書を必要(※)とされる方

※ 各国への入国時に防疫措置の緩和等のため、証明書の提示を求められる場合を想定

交付手数料

無料

交付申請の方法

原則、郵送で申請を受け付けます。
申請受理から(必要な書類が全て整ってから)当証明書の交付までに、1週間から10日程度かかります。
下記「⑴ 交付申請に必要な書類」にある書類を、下記「⑵ 交付申請先」まで郵送してください。

郵送での申請が難しい場合は、京都市新型コロナワクチン接種コールセンターの相談窓口まで交付申請に必要な書類を持参してください(受付時間は午前9時から午後5時まで)。
即日交付はできませんので御注意ください。
電話での予約制となりますので、事前に京都市新型コロナワクチン接種コールセンター(電話番号等はこちら)まで御連絡ください。

  •  交付申請に必要な書類
    •  必要書類
      1. 新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書(見本はこちら。様式・記入例は7月26日から当箇所に掲載予定)
      2. 旅券の写し
      3. 接種券の写し(「診察したが接種できない場合」の券番号が記載されている部分の写し(該当部分のイメージはこちら))
        紛失するなど、提出できない場合は、住所が記載された本人確認書類(運転免許証・健康保険証等の写し)を提出してください。
      4. 接種済証又は接種記録書の写し(該当部分のイメージはこちら
        紛失するなど、提出できない場合は提出不要です。ただし、提出がない場合は交付まで最大で2箇月から3箇月程度かかることがあります。
      5. 当証明書送付先(※1)を記載した返信用封筒(切手を貼付(※2))
        • ※1 送付先の住所が本人又は代理人の住民票所在地以外の場合は、「送付先住所に関する確認書類」も添えて提出してください。その際、「送付先住所に関する確認書類」の空白部分に当該場所へ送付する理由を記載してください。
        • ※2 当証明書はA4用紙1枚です。貼付する切手の金額は返信用封筒の大きさにより異なります(例:長3封筒の場合は84円切手を貼付)。
    •  アに加え、場合によって必要となる書類
      1. 旅券に旧姓・別姓・別名(英字)の記載がある場合
        旧姓・別姓・別名(英字)が確認できる本人確認書類(運転免許証・戸籍、住民票等)の写し
      2. 代理人の方が交付申請する場合(交付申請をする方が証明を必要とする方と異なる場合)
        本人の自署による委任状(見本はこちら。様式・記入例は7月26日から当箇所に掲載予定)※
        • ※ 委任状には代理人の方の本人確認書類を添付してください。
    • 当ポータルサイトから新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書・委任状の様式を入手できない方は、京都市新型コロナワクチン接種コールセンター(電話番号等はこちら)まで御連絡ください。

      結婚により接種時と氏名が異なる場合など、状況に応じて、上記ア・イに加え、書類の提出を求めることがあります。

  •  交付申請先
    〒600-8006
    京都市新型コロナワクチン接種コールセンター
    京都市下京区四条通柳馬場西入立売中之町99 四条SETビル8F 接種証明書担当

注意事項

  1. 当証明書は、当面は、海外渡航を目的とする方に限って発行します。
  2. 他の市町村が発行した接種券を用いて接種を受けた分に係る証明書については、接種券を発行した市町村へ交付申請してください。
  3. 交付申請に不備、疑義等があった場合は、交付申請された方へ連絡をすることがありますので、交付申請書に必ず連絡先(普段利用する携帯電話番号等)を記載してください。

接種証明書に関するお問合せ先

京都市新型コロナワクチン接種コールセンター(電話番号等はこちら